毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

ここに来てくれた皆さんへ!そして柴犬タローありがとう!

晴れ

曇った日、雨の日、いつでも柴犬タローが晴れにしてくれます。

毎日更新していた時も、今年になり更新してない時も何人もの人がのぞいてくれる
「毎日のんびーブログ」

けじめとして今後「毎日のんびーブログ」が更新されることがないので終わりに一言書いておこうと思います。

日本みつばちを飼おうと思い立った時にこのブログを始めました。
その時にはすでに、柴犬タローはいました。

ぼくはそれなりに歳だったし、日本みつばちと柴犬タローそしてじぶんの過去のことなど書いたらなんとか続けて書けるんじゃないかと思い始めた
「毎日のんびーブログ」でした。

ひとりの人間の一生を赤ちゃんから老人になるまでぼくらは見ることはできません。
でも犬は子犬の時から老犬になるまで見ることができます。
ぼくはタローがコロコロした子犬の時から、老犬になりゆ〜っくりとしか歩けなくなるまでみてきました。
飼い主の責任として、16年間散歩をさぼったこともなければ餌を与え忘れた(忘れそうになった時が一回だけあるけど)こともありません。

毎日タローが近くにいる生活を16年、そしてタローはこの世からいなくなりました。

餌を食べる時はがっつくこともなく、少食だったのか、太ることもなく凛々しい柴犬タローでした。
近所にはそれなりに犬はいるけど、散歩の時に出会う犬もいたけど、タローが他の犬と仲良くなることはありませんでした。タローは生涯、孤高の犬「柴犬タロー」でした。
タローが心を許したのはぼくと家内だけでした。
このことは今ではタローと強い絆で結ばれていたような気持ちにしてくれ嬉しくなります。

日本みつばちはもちろん今でもいます。
でもタローはもういません。

「毎日のんびーブログ」は日本みつばちがいて柴犬タローがいての「毎日のんびーブログ」でした。
タローが死んでしまった今、中途半端にしておくよりはけじめとして終わりの記述をします。

ここに来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。

柴犬タロー

最後に、もう何年も前、まだタローが元気だった頃、
タローがこの世からいなくなったら、
きっとこんなことタローが言ってくれたらいいなぁ〜って、
思いながら書いたのがポメラに残っているので、
最後の最後にアップします。

(タローに語らせる時、「ぼくは」の代わりに「犬は」にしていました)

おじさん、おばさん、
タローは幸せだったよ!
おじさんがいつも言っていたね、タローはいいなぁ〜、
こんないいおじさんとおばさんのとこに来たんだからって。
うん、タローもそう思っているよ。

おじさんは犬が死んだから天国に逝ったなんて表現は嫌いだから、
天国で会うかもなんてそんなこと言わないからね。

犬は、おじさんとおばさんの記憶の中にたくさんのこと残したからね!
犬が若くてとってもパワフルだった頃、フリスビーを何回も投げてってお願いしたでしょ、でも飽きると追いかけるけど、おばさんの手前でフリスビーを置いたよねぇ。
犬も疲れるんだからね。
軽トラが好きで好きで、おばさんに抱っこしてもらい、風を感じたくて顔を出していたこと。
散歩からの帰り、全力で走っていた姿。
いつでも思い出してね。
良い記憶って、どんどん使ってね!
おじさんおばさんの気持ちが少しでも沈んだら、タローは出てくるからね!
救世主登場だからね!
悲しんじゃだめだよ!
犬はおじさんおばさんに力を与えるため、楽しさを与えるためにいっしょに過ごしたんだからね!
それは犬が柴犬タローがこの世にいなくても同じ!

おじさんおばさんありがとう、本当にありがとう!
犬は幸せな一生だったよ!

終わろうとしている2020年へ

くもり

まだそれほど寒くないです。明日から寒波がくる予定

正月は正月らしくね!

ほんと、大変な一年でした。
個人的にも昨年から人の愚かさに翻弄させられて、苦しい時を過ごしました。
そこに新型コロナウィルスが世の中を大変な状態にしてしまいました。

こんな時代になって、
さて、神はその人に乗り越えられない試練は与えないって聞いた事あるけど…、
そしてこの経験を残りのぼくの人生にどうやって生かせるだろう!
なんて考えるのでした。

そろそろ、次のステップに移らなければならないなって、
年齢、体力と相談して決めようと思うけど、それさえ億劫になったりと、
まったく俺ってやつは、
コロナのせいにするのか、時代のせいにするのか、

なんか、もやもやした気持ちそして何やってもすっきりしない状態、
これがぼくの2020年、令和2年でした。

こんな気持ちで何か書こうなんて、いいもんすっきりするもん書けるわけないですね!

ひとつ決めた事あります。
ぼくの3年日記は来年2021年まであるけど、新しい3年日記を買います。
2021年から始まる3年日記です。

2021年へ

夜はガンガン薪ストーブ

晴れ

寒いっていっても風がないので助かります

ハウスは暖房してあるので、少しの氷です。

今のハウス

寒くなってきました。
日本中が寒いようです。
ここ鹿児島もかなり寒いです。
今、収穫真っ只中の我が家、8時半までに花きり終わらせたいので一番冷え込む時間に収穫作業です。暖房を切っての花きり、ビニールハウスはすぐに冷えます。

先日、ひろしチャンネルのキャンプ動画見たら、やっぱり炎はいいです。

朝は薪ストーブを焚く時間(余裕)がないので夜の内に家の中を薪ストーブでがんがん暖めています。
そうすれば朝は暖房機なしでいけます。
そう、これが鹿児島なんでしょうね。
寒いって言っても、朝の気温は0度前後、
雪の積もるとこに比べたらかわいいもんなのでしょう!

今、手伝いの人が来ているので午前中に花仕事は終わり、
昼はゆっくり、ビデオ観て、少し昼寝して、
夕方柴犬タローの散歩とハウスの戸締りする。

賑やかさのない静かな年末を迎えています。

猪は静かにやって来る

晴れ

今日から冬らしい冬です

冬になると狩猟本能が目覚めるのでしょうか?

何言ってんの、そんなことあるわけないでしょう!って声が聞こえてきますが…

さて、罠師なんてタイトルの下に書いていますが、いつもは静かな罠師なんです。

静かな興奮がきましたよ。

そんな のんびー でも狩猟本能は少しあるかもしれません。
だって、箱罠にイノシシが入っているのを見た時は静かな興奮が湧いてきましたもん。
(初めて待ち箱にミツバチが入っているのを見た時も静かな興奮でした)

庭先に設置してある箱罠の扉が閉まっているのを最初見たのは家人、
「あっ、閉まっている、なんか少し大きい!」

鉄筋が細いので壊れないように、ロープでとりあえず補強

まさかと思い、確認、そして静かにやってくる興奮です。
蜂飼いのみなさんは知っている、春先待ち箱に入居している日本みつばちを見た時のあれです。
そして男たる者やたらに騒ぎません。
興奮を静かに味わうすべを知っていますからね!

まっ、こんなことがちょっと前にありました。
今は冷凍庫に小分けにされてすき焼き、焼肉になるのを待っています。

始まったよ、今年最後の収穫

晴れ

午後から曇

まずはイネッサがきました。

本日より収穫が始まりました。
今年最後の収穫です。これを乗り切れば、しばらく趣味の時間に入ります。
一般の人は「もう12月も半ば、もう少しで年末休み」ってとこでしょうか、
でも、今年は新型コロナウィルスがあるので、
いつもの年末と状況が異なるのでしょうね!

Yモナリザも咲いています。

閑話休題
収穫が始まった12月出しですが、予定通りいきませんでした。
穂の準備を始める頃に台風が来たんです。
それも超大型の台風、直撃ならハウスは潰れるな、しばらく花はできないと思いました。
停電もあるだろうからと、穂の確保をひかえました。
あの時は台風が過ぎてから今後の事を決めようと思い、とにかくやることやって待ちました。
幸い、そこまでの被害はなく今年残りの花作も出来るだけのことやろうと気持に鞭打ちました。

でもねぇ〜、穂が足りない、穂は細い、アブラムシ大発生、うまくいかなかったです。
それでも植えた12月だし、

鹿児島弁で「できたひっこ」って気持ち、
「やるだけやったんだから出来ただけで上等」こんな意味合いかな!

アンダギーとこちらも、まだ食べたことないので楽しみです。

そして、今日、これから頑張るぼくに手作りアンダギーが届きました。
陣中見舞い!嬉しいな!こんなことがあると思うんですよ!
神様いるんじゃないかと!

« Older posts

Copyright © 2021 毎日のんびーブログ

Up ↑