毎日のんびーブログ


蜂飼いで溶接好きな のんびーのブログ

キーレスドリルチャック 来ましたよ!

くもり

昼からちょっと晴れ間もでました

キーレスドリルチャックが届きました。

作業場を閉めて上がろうと家に向かっていたら、郵便の赤い車、もしやと立ち止まっていたら「ユーパックです」

届きましたよ、ヤフオクで落としたキーレスドリルチャック、今日はもう上がる予定だったけど、ワクワク感を明日に延ばす勇気がなくて早速取り付けてみました。

これを交換します。

取り外す治具持ってないのでこうやって外しました。

テーパーってすごい、ここに嵌め込むだけ

結構大きいです。

はめました

軽く締めるだけでOK

10mmドリル 取り替えも楽です。

キーレス いいなぁ〜

以前はチャックを使って三箇所締めていたけど、キーレスは素手で締めるだけ取り替えも簡単、前ののは締め付け(取り付け)で調子が悪くてイライラしたけど、それがなくなりました。

作業の楽しみが増えましたよ、うれしいなぁ〜

薪小屋屋根延長工事終了

くもり晴れ

暖かい一日

単管パイプ固定

薪小屋は家に近いのが良いです。

完成

これで雨対策OK

時間がかかったけど、やっと薪小屋屋根延長工事が終わりました。
これでコンクリートに落ちた雨水の跳ね返りがなくなります。
底の薪にかからなくなります。

雨水の跳ね返りってのは結構悪さするもので、底の薪は湿気で黒くなり腐れそうでした。
どんどん使えばいいんでしょうが、なかなか薪も減らないもんです。

それに樫、クヌギなどの硬木は濡れても腐れに強い気がするけど、柔らかい薪はダメです。
燃えつき方は良いので、焚き付けにどんどん使って、温度が上がりその後堅木を使うってのが理想です。

 

追記
今年の冬は薪の片付けをしようと思い、たぶんこの薪は使わないだろうってのを知り合いにあげたんだけど、この前の寒かった時使ったかな!
軽トラック一台分あったから、どんどん燃やしてもOKだと思うけど、
どうかな?薪ストーブ焚いてどんどん使ってくれれば嬉しいんだけど…..

ユキワ精工 キーレスドリルチャック

くもり晴れ

たぶん、こんな天気でしょう

 

久しぶりにヤフオクを利用しました。

ユキワ精工 キーレスドリルチャックを入札、落札しました。

以前からぼくのボール盤ちょっと調子が悪かったのです。
キーがすべってうまく締め付けられなくて、いらっ!ってなっていました。
まぁ〜、使う頻度からしたらだましだまし使ってもなんとかなっていたかもしれないけど、ストレスがなくなればこれからの作業が苦もなく進むかもしれません。

で、今回落札したのはキーレスのドリルチャックです。ドリルを取り付ける時、手で回して取り付けられる。
そもそも、ドリルチャックキーを差し込む穴がない、
そんなに高いものじゃないから一度は使ってみたいって思っていました。
新品なら倍以上しますが、そこはヤフオク約半額で落札しました。

それにユキワ精工製、ドリルチャックと言えばユキワでしょう!
これは正直知りませんでした。ユキワ精工なんですね!

ただ、ぼくの持っているリョービの卓上ボール盤にユキワ精工が必要かなんて言われたら黙ってしまいますが、いいものを使ってみたいって欲求はいくつになってもあります。
日々の生活を送るには、時に自分へのご褒美も必要です。

 

藪竹がおかしい?

晴れ

暖かい一日

たくさんの竹が枯れています。

先週は寒かったのに、今日なんかは春の陽気で風がぬるく気温20℃、
まったく滅茶苦茶な天気。

いろんなことがおかしくなっているんじゃないかと危惧する今日この頃なんですが、
その危惧するひとつが、薮竹が枯れてきているんです。

ここ鹿児島は竹が多いです。
大名竹なら、春に大名筍が採れるからいいんですが、
細くてタケノコも食べられない竹、
ぼくがかってに藪竹ってよんでいるんですが、
こいつが厄介もの、山のいたるところに生い茂っています。

この竹が枯れてきています。
密集しているのでまとまって倒れています。

まっ、枯れてなくなってくれると嬉しいんですが、
でも、何か理由があるはず….

それはね!こうこう 理由なの!って誰か教えてくれないかな!

わらべ歳時記

晴れ

快晴

一月も終わります。
今日は晴天でした。

先日壮年部の集まりの時、一回り年配の人がこの本読んでみないって貸してくれました。


わらべ歳時記
作者は鹿児島県末吉町出身、
昭和21年生まれの稲積幸男さん、自分が子供だった時の遊びなどが書かれた本です。

戦後すぐに生まれたんだなぁ〜って思い、
経歴は昭和44年東京学芸大学卒業、それから教員として東京で過ごして今は、宮崎県都城へ移住されたとのこと、

団塊の世代でしょうか!

ぼくの子供の頃の遊びとほぼ同じことが書いてあります。
まっ、同じ鹿児島ってこともあるのでしょうが。

リタイヤして、時間ができてくると何かを残したいって気持ちになるのかな?
もう今の(これからの)子供たちが経験することがないことを書き残そうって気持ちになったのでしょうか!

ぼくはどうかな?
そんな気持ちになるかな、
壮年部の人たちと、子供の頃はあーだった、こうだったなんてことを話すかもしれないけれど、本にして残そうなんて、そんな高尚な考えはないな!

こうやって、日記みたいに日々のこと書いているのが関の山かな、

だって、こんなブログでも来てくれる人たちがいるんだもんね!
今日も来てくれてありがとうございます。

« Older posts

Copyright © 2023 毎日のんびーブログ

Up ↑