毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

ミスマフェットの植え替え

くもり

太陽がないと寒いです

このままだと葉芽が当たってしまいます。

ホームセンターで買ったミスマフェットなんですが、
あっ、これ手抜いてるなとは思っていました。
今、葉芽と花芽?が出てきて鉢の縁にあたりそうになってきました。
でもこの鉢あとから入れ込んだだけ、すぐに外れます。

スポッと抜けました。

これがミスマフェットなんですね

出荷するにあたり、植え替えるのは面倒なので、少し丈夫な鉢の中に入れ込んだだけなんですね!
まぁ〜、こんなもんなんでしょうね!
鉢はどうでも物がよかればよし!って思ってぼくは購入しました。

でも今年の分蜂時期に花は咲きませんでした。
てっきり咲くこと期待していたのに、そしてたくさんのみつばちが花に引き寄せられるとこ見られるとおもったのにね!
残念ながらそれはお預けになりました。
きっと来年の春は花が咲いてくれることでしょう。

植え替えたとは言わないかも?

これで安心です。

昨年からか一昨年からか、キンリョウヘンもそんなにあってもなぁ〜、
みつばちもそんなにたくさんいてもなぁ〜って、気持ちになってきました。
これは、蜂飼いが通る道、これぐらいで良いのかなぁ〜症候群のようです。
この時期を過ぎるとまた燃えるのかもしれません。

よかれと思っていてもね

晴れ

もう晴れても暑くはないです。

こんなになってしまうんです。

先日、雨と灰がいっしょに降りました。こうなると大雨が降らないときれいになりません。

よかれと思ってやっていました。
ぼくのビニールハウスは二連棟です。
ふたつの山がくっついた形で、間に谷があります。
そこには桜島の灰が溜まります。
風が吹くと灰が舞い上がり、ハウスの中に入ってきて花が汚れます。
なので、極力灰を流して谷はきれいにしていました。
毎年一回は谷に溜まった灰を畑灌の水で洗浄していました。

それがですね!

先日若い生産者のとこに遊びに行った時、谷の金具がいたまない?って聞いたら、
「いやっ、そんなにいたんでないですよ!」
なんで?って詳しく聞くうちに、
谷に溜まった灰の中に金具が埋まっていて、そのせいか金具が錆びてないそうなんです。
ついでに谷シートもいたんでないとのこと!

と言うことはですよ、
ぼくがよかれと思ってやっていた谷の掃除は谷金具をいためることになっていた。ということです。
まぁー、強風の時、灰がハウスの中に入らないってことにはなりますが、多少灰がハウスの中に入っても花が出荷出来ないってことではありません。
それなら、谷掃除をしないでいたらどれだけの時間がういたことか、
そして今やっている溶接なんてしなくてもよかったかもしれません。

見てみな!俺のハウスはきれいだぞ!
錆びた金具は溶接でなおしているぞ!
どんなもんだい!って浮かれていたのんびーよ、
じぶんでよかれと思ってやっていても結果そうでもないってこともあるんだぞ!

いくつになっても学ぶことは多いです。

良いとこだけ残して溶接します。

« Older posts

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑