毎日のんびーブログ


斜めな蜂飼いがちょっと面白いことを毎日

キンリョウヘンに液肥

晴れ

最近、桜島の灰がこないので助かっています。

キンリョウヘン、この季節、9月頃の良い状態とはどんなんでしょう?
教科書があったら、葉の状態とか、今年出た新芽は今だったらどれぐらい伸びているのが良いのか、見てみたいです。

心なしか葉に勢いがないような・・

心なしか葉に勢いがないような・・

昨年、ホームセンターで買った、キンリョウヘンは早く花芽が出てきて失敗しました。

液肥、週一でかけるようにと、取説に書いてあります。

液肥、週一でかけるようにと、取説に書いてあります。

今年は、数も増えたし、まともに咲かせたいです。

それに向けて、この日のために買っていた液肥を今日かけました。
とは、ちょっと大げさですが、液肥の効果がどんなものかまったくわかりませんが、
試してみなければわからないままなので、週一回かけてみようと思います。

 

 

うまく捕まえられました。蜂たちもそんなに騒いでいませんでした。

うまく捕まえられました。蜂たちもそんなに騒いでいませんでした。

 

 

夕方の見回りで、キイロスズメバチが巣箱の周りを飛んでいたので、網でゲットして、写真撮影です。

 

タローの散歩から帰ってきた家内が、

「もうセイダカアワダチソウの花が咲きそうだよ。」
って言っていました。

確かセイダカアワダチソウの花の蜜には臭いがあり、はちみつにも残るとか・・・・
さて、採蜜の時期も決まってくるのでしょうか?
昔、ぼくの小さいころにはなかった植物です。
どうやら、グローバル化の波は日本の”はちみつ”にも影響を与えているようです。

そう言えば、マングースは絶滅に向けて対策がなされていて成果が出ているとか。
セイダカアワダチソウの絶滅は難しそうですね。

Categories: 日本みつばち

セイタカと採蜜時期 » « 柿の木

2 Comments

  1. こんばんは~また先輩面しにきてます。みんな受け売りばっかりでスミマセン。
    ずらっと揃い踏み、来年に向けてそろそろ始動というか早や7鉢!!
    来年花が咲くかどうかは神のみぞ知る・・・しのさんの「ニホンミツバチ」日記というブログには時期に応じて右往左往実験含めとてもよくわかる内容の記事をこちらもまた日々更新でしてくださっています。少し構い過ぎの感ありますが、時期に応じてやるべきこと教えてもらっています。岡山の方です。

    とりあえず花芽は充実した秋ごろからバルブの横に出てくるらしい。花芽のために秋はP多めの液肥を薄めてやるとよいらしい。分封時花を咲かせるための加温時期、花のあとの固形肥料はモルコートがよいらしい。日光の管理、施水等々。是非一度覗いてみてください。コメントがジャストフィーリングで安心して出入りさせてもらっています。

    セイタカ蜜の臭い、有機の臭いということです。うちのあたりは少ないのか、それとも常に臭う生活で鼻が変になっているのか私自身はよくわかりません。でも。
    咲くなら先に採蜜したほうがいいとおもいます。先日の5段ならバッチリじゃないでしょうかね~。

    • non-bee8

      2013年9月25日 — 8:39 PM

      宇治おうなさん、こんばんわです。
      しのさんの「ニホンミツバチ」日記ですね。早速おじゃましてみます。先輩蜂飼いさんのプログ、勉強になります。
      秋はリン酸肥料多めですね。ぼくの買った液肥は確か、NPKの比率いっしょだったような?
      セイタカの花はもう少しかな?10月はすぐそこ、一個は採蜜できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑