毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

花農家のんびー

雨くもり

天気が安定しません

片付けが終わった母株ハウス

もう少ししたら収穫

来月収穫ハウス

このハウスで2019年が終わります。

スプレーキクの最後の植え付けが終わると、
かなり、いやものすごく楽になります。
最後の植え付けは12月出荷分です。
今年の植え付けはもうありません。
ということは、採穂をしなくてもよい!母株管理がなくなる!ってことです。
これはキク農家にとってはとても大きいなことです。
なかには母株をなくして、すべて購入苗ですませる農家もいるぐらい、
植え付け用苗の確保はたいへんなんです。

まっ、なかには、
「そぉ〜、そうでもないけどな〜」って言う人もいますが、
そんな人に、ぼくは共感しません!

もう採穂しなくてもよくて、
そして12月出荷が終わると、
ぼくは冬休みになります。いや冬休みにします。
ちょっと長い冬休みです。

今年は、箱罠作ってイノシシ捕獲に挑戦です。

蜂飼いのんびーから罠師のんびーになります。

おまけ、
よく、「一年早いね〜もう10月だよ、今年もあと三ヶ月しかない」、
なんて耳にしますが、
今年、とくに頑張って仕事してきたぼくは言います。

「そぉ〜、そうでもないけどな〜!」

Categories: ハウス管理

おしんと小林さん » « 彼岸花 2019

8 Comments

  1. 花のことはよくわかりませんが花数を増やすために穂先を摘むんですよね。大変な労力が分かります。
    箱罠ですか、、、、溶接の出番になりますかね?笑
    それも楽しみです。

    • のんびー

      2019年10月3日 — 1:11 PM

      花数を増やすために穂先を摘む(ピンチって花農家は言います)場合もありますが、今回のブログの母株管理は、植えつけ用の穂を確保する作業です。
      写真の最後のハウスに植えてある穂の確保です。
      これが油断したら伸び過ぎるし、もういやっ!ってなります。
      そうです。ポイさん箱罠を作る予定です。
      今からわくわくしています。

  2. のんびーさん
    私もpoiさんと同じく花のことは分かりませんが、のんびーさんの文章の優しさが好きです。
    菊を咲かすって、難しいですね。
    去年買った鉢植えの小菊が枯れずに、今年もドンドン成長し、一度、剪定をしました。
    こんもりとさせるのには2度くらい切り戻した方が良いとのことで、1回実施して、その時はすごく良かったのですが、夏場、日に当て過ぎました。
    枯れたようになりましたが、毎日水をやっていたら、最近、花芽が出始めました。
    しかし、買った時はハッとするほど綺麗に群青色の花を付けていましたが、やはり、手を入れないとダメですね。

    • のんびー

      2019年10月3日 — 1:17 PM

      購入した小菊を買った時と同じように咲かすことはたぶん、ぼくにも無理です。
      だいたい、こうやればいいかなとは想像できますが、
      ぼくにはむつかしいのでたぶん挑戦もしないと思います。

      でも、挑戦するって楽しいことだと思うのでカピバラさん頑張ってください。

  3. お待ちしてました!月に一度くらい覗いては、まだやなぁ…と諦めて、を繰り返してたら、また今回も同級生の宇宙さんからのんびーさん再開してるで〜とメール回って来ました!
    よく働いたとのこと、お元気!何よりです。
    蜂には縁が無くなってますが、今年も九州オフ会行きますよ〜12日いかがですか?

    • のんびー

      2019年10月4日 — 5:00 AM

      今までのように毎日は無理だと思いますが、のんびり更新でいきたいと思います。
      九州オフ会、近いですねぇ、
      知っている人少ないけど、宇治おうなさんやこの時しか会わない人達に会いたいな、と思うけど、・・・・。

  4. ぜひ是非!
    四国本州のオフ会が今年最後となり、九州に合流させてもらう変則開催なのでさらに賑やかですよ〜。
    箱罠の工夫教えて〜、てリクエスト来てますしね!

    • のんびー

      2019年10月5日 — 6:14 PM

      ぜひ是非!と声をかけてもらうととっても嬉しいんですが、
      蜂飼いの連れもいないし、賑やかさは時にさみしさも兼ねるので、
      花収穫前のひと時をゆっくり我が家で過ごそうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑