毎日のんびーブログ


斜めな蜂飼いがちょっと面白いことを毎日

Category: 溶接 (page 2 of 12)

溶接は来シーズンまでお預け

雨

梅雨です。雨です。

これで終了

収穫が迫ってきたので最後の溶接をしました。

サイド巻き上げ、ハウス5棟あるので全部で10個、これでいいかなって形が決まってきたので鉄筋の長さを調整して10個仕上げました。

少しコツがいります。

このサイド巻き上げ、ハンドル離したら勢いよく落ちてくるのでたいへん危険です。家内にはさせられません。
ぼくでも、しまった!ってこと何回かあったので要注意、
便利で早いけど危険と隣り合わせ、それでも使いたいならどうぞ!
これがコピーです。

そして、畑灌元栓開閉ハンドルも作りました。
太めの鉄筋をU字に曲げるのが一番面倒なだけで溶接は二箇所、簡単でした。

半自動溶接機を買ったのが昨年の今頃でした。
それからネットで本格的に勉強して、Tig溶接機の世界までいってしまいました。
そして、今年に入り鉄工所で研修。
この研修はある程度できる状態になっていたのであまりためにはならなかったけど、切断機の便利さを知ってしまい購入までいたりました。

鉄はいかに切るかも大事だとわかりました。

そんなこんなで、いろいろ買い物をして、道具から入るいつものじぶんを発揮したのんびー工作所でした。

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。

作業場の掃除をしました。
半年ぶりの収穫、水槽や選花機が埃だらけだったのできれいきれいにしました。

次の溶接課題と馬鹿なじぶんに気づく時

晴れ

今日は暑かった。

作業場で使い休憩室でも使います。

「なんとかならないか、なにかするものないか、」

使わなくなった待ち箱は休憩室の屋根裏に保管します。
そしてそこには大型扇風機が置いてあります。
今年は待ち箱が置き場所を占領して、扇風機がじゃまになったので早々下におろしました。

通常は左のゴムカバーがついています。

そこで、ふと思ったのです。
この扇風機は重い、ならばキャスターをつけたら移動が楽になる。
幸い、いらなくなったキャスターがとってあるので、それを溶接して使えばいい!

よし!溶接するぞまでいったんですが・・・

そして、扇風機の脚のゴムを外し、どうやって溶接するか考えていた時、
ふと気づきました。
なぜゴムのカバーが取り付けてあるのか?
それは滑らないように、動かないようにではないのか!
扇風機は家庭用ではなく工場なんかで使う大きいサイズ、風も強い、
もし足にキャスターが付いていたら、動いてします。

まったく!なんて馬鹿なんだ!キャスターつけたら動くではないか、スイッチが入ってないとき移動は楽だけど、その後は?
まっ、ストッパー付きのキャスターもあるけど買ってまでしたくない。

けっこうね、わくわくしながら、脚を床と水平になるようにカットしてそこに鉄板溶接してそれにキャスターを溶接と、いろいろ考えたんです。
その後、じぶんの馬鹿さに気づいたんです。

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。
まぁ、溶接する前でよかったじゃないって言われるかもしれないけど、もっと早く気づかないじぶんの馬鹿さ加減にがっかりするんですね!

Olderposts Newerposts

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑