毎日のんびーブログ


斜めな蜂飼いがちょっと面白いことを毎日

Category: 採蜜 (page 3 of 5)

広口ビンの中ふた

晴れ

ほぼ晴れでした。

以前、梅酒用に買った広口ビンの中ふたです。
はちみつを小ビンに移す時、この中ふたを使っています。

注ぎ口と左側に小さな空気口があります。

注ぎ口と左側に小さな空気口があります。

採蜜をいっぱいする予定で広口ビンを何ビンかホームセンターで購入、
でも、もちろんそんなに使いませんでした。
ひとビンは使ったので、それから小ビンに移したんですが、
あれぇ、スムーズにに出ないじゃないの?
今までと違う?

丸い注ぎ口が仕切られていて、一体型になっています。

丸い注ぎ口が仕切られていて、一体型になっています。

よくみたら作りが変わっていました。
空気穴はついてはいるけど、一体型になっていて、粘性の高いはちみつには合わないのです。
梅酒のように粘性がなければ問題ないのですが・・・・
はちみつには合いません!
で、最初の写真の中ふたを小ビン移し替え専用にしました。

ひとつおまけ、
ぼくは豆乳を飲みます。
写真の容器に入っていて、注ぎ口を下にしてコップに注ぐと”ボコッボコッ”って空気が入って飛びちってうまく注げません。なので気をつけてゆっくり注いでいました。

注ぎ口を自然に下にします。

注ぎ口を自然に下にします。

ある時、”ふとこれならどうなのって”、注ぎ口を上にして注いだら、なんと空気は上部から入り、ボコッボコッってならないのです、
ちょっと注ぎにくいですが、さほどではありません。

注ぎ口を上にすると、ボコッボコッってなりません。

注ぎ口を上にすると、ボコッボコッってなりません。

常識なのかもしれませんが、知りませんでした。
良かったのは自分で気付いたこと!
以前、”伊藤家の食卓”って番組で裏技の紹介がありましたが、
これも紹介されていたかも・・・、
”いやぁ〜、そんなの常識よ!”って思われているかなぁ?

採蜜内業

晴れ

今日もまずまずの天気

採蜜の仕上げ作業、巣板からはちみつを取り出す濾し作業を行いました。
秋の蜜は粘性があると耳に、いや目にしていましたが、
そうです。粘性があります。
前回のはちみつはそれほどでもなかったけど、今回のはちみつはかなり粘性があります。
水切り器で回してもなかなか蜜が落ちません。
落ちないでたまった蜜の抵抗で水切り器が回らなくなります。
しばらく時間をおいて、また回します。
前回より、回すのが重たく時間もかかりました。

上部は透明なはちみつ、下の方は少し濃いかな?

上部は透明なはちみつ、下の方は少し濃いかな?

まだ段取りが悪いです。オーガンジー試してみたかったんです。

まだ段取りが悪いです。オーガンジー試してみたかったんです。

仕上げはオーガンジーを使ってみました。
宇治おうなさんが、秋の蜜は粘性があるので、春先に使ってくださいとのメッセージでしたが、
遅いけど、落ちますよ~。
きれいなはちみつが落ちています。
秋の夜長時間はあります。
それに今スプレーキクの収穫がないので、時間調整はできます。
ゆっくり、待ちますよ。
若い頃、下っ端の頃、上司に言われたものです。
待つのも仕事のうちだ!

糖度、まずまずではないでしょうか!

糖度、まずまずではないでしょうか!

Olderposts Newerposts

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑