毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

Category: 本 (page 1 of 18)

ひとり旅立つ少年よ

雨

午後は天気予報通り雨になりました

ひとり旅立つ少年よ

ひとり旅立つ少年よ
ボストン・テラン  原題は A Child Went Forth’ です。

詐欺師だった父親と詐欺を働いていた少年チャーリーが、償いのためひとり、旅をする物語です。
時代は奴隷制度を巡って世論が割れていたアメリカ、南北戦争が始まる直前、12歳のチャーリーがニューヨークからミズーリまでいろんな苦難を乗り越えて、そして多くのひとに助けられて旅します。

奴隷制度ってとてもいやな時代があったんですね!
あらためて人間の愚かさを感じる作品でもあります。

ボストン・テランは好きな作家です。
一番好きな作品は、もちろん「その犬の歩むところ」です。
多くの人が読んでみたらって言っています。

さて、「ひとり旅立つ少年よ」です。
物語にどんどん引き込まれて、寝る間を惜しんで読むって本ではありませんでした。
でもボストン・テランいろんなとこに”ぐっ”ってなるとこあります。
尊厳って言葉が使われているとこでは、しばし読むのをやめてジーン・ハックマンの映画、ミシシッピー・バーニングを思い出しました。
南北戦争の頃の映画ではありませんが、奴隷制度をまだ引きずっているミシシッピー州の話です。
確かぼくのブログにも書いたと思います。

たくさんこころに残った文章があったのですが、終わりの方に出てきた、
「ふたりのあいだに流れるこの静かで透明な時間をふたりだけのものにしたくて・・・」
この透明な時間って表現いいですね!

まぁ〜、ぜひ読んでくださいとは言いませんが、長旅の友にこの一冊をぐらいな感じで読んでみてください。

追記
ニューヨークからミズーリまでをグーグルさんで調べたら2643kmでした。

トイレの時間を有意義に使う

くもり

わりと過ごしやすいでした。

今の時代とマッチしないジョークもありますが、退屈はしないです。

ぼくはそんなにトイレの時間は長くありません。
でも短い時間でもぼぉ~っとしているのも嫌いなので、トイレには本を置いています。
トイレ用の本です。

最近まであったのが「世界の日本人ジョーク集」
こういう本はトイレに最適です。続きを気にする必要ないし、同じとこ読んでも、「あっ、ここ読んだ!オチ知っている!」ってなるだけです。
そして、また読んでおもしろいってなれば、そのジョークはレベルが高いってこと。

この「世界の日本ジョーク集」もう何年も前に買った本ですが、トイレで読む本がなくて本棚からこれならぴったしだろうって選びました。
トイレですっきりして、本を読んでハハァって笑顔になれます。

本からひとつ、
魚の効能
アメリカ人が日本人の魚屋の主人に聞いた。
「日本人は頭がいいと言うが、いったいどうしてなのだろう?何か秘密でもあるのかい?」
「簡単ですよ。魚を毎日食べるんです。」
「なるほど。では、明日から毎日買いにくるかならな」
10日後、先日のアメリカ人が機嫌悪そうにやって来た。
「おまえに言われて毎日魚を食べているが、一向に頭が良くなった気がしない。ひょっとして俺をだましたんじゃないのか?」
魚屋はニッコリ笑って言った。
「ほらみなさい、10日前よりモノがわかるようになったじゃないですか」

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。

Olderposts

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑