毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

Category: 薪ストーブ (page 1 of 17)

薪小屋3号 設置完了

くもり晴れ

午後はシャツ一枚暖かい作業日でした。

後は積むだけ、パレットも設置しました。

薪小屋3号の設置が終わりました。

以前の薪小屋3号は地面に防草シートを敷いただけのところにあり、それを段差50cm のコンクリートの上にある薪小屋4号の前に移動したんです。
あの時は、我ながら良くやった!とじぶんを褒めました。
家人と二人作業、溶接できたのも功を奏しました。

3号は巣箱の前にありました。

あれからかなり時間が経ってしまいました。
薪小屋の前には玉切りの丸太が転がっていて、パレットの上にはすでに薪割りが終わった薪が積み上げられています。
無言の圧力、薪がはやく置き場所作ってと言っていました。

3号と4号の間に屋根をつけました。

先日より、垂木を割り、波板を用意して、アンカーボルトも買って、
少しづつ作業していました。

そして、今日波板を打ち付けて、補強パイプをつけて終了しました。

今、ちょっと充実感があります。
やり遂げた満足感もあります。

ただ、転がっている玉切りを全部割って薪小屋に入れたら満杯近くになりそうです。
薪小屋1号2号は解体するか、鶏小屋にして次は鶏飼って、
「新鮮な卵を食べるんだ計画」があるんです。

12月なのに暖かく、薪の消費がすすみません。
今晩も薪ストーブはただの鉄の箱です。

薪割りスタート 2020年

くもり

今日は曇で風なし

初日はこんなもんでしょう!

「今日から薪割り始めるから薪割り機、準備しといて」

薪割り主任からこんな指示を受けたのが昨日の朝、
風がなく天気もいいし、スイッチが入ったんだなってぼくは思いながら、
小屋から薪割り機を引っ張り出して、燃料を補充してエンジンスタート、
さすが日本製スバルのエンジン、機嫌がいいです。

まっ、こんなことがあり、薪割り主任は薪割り機の前に適当な丸太をセットして、それに座布団載せて座り、
薪割り作業に入ったのでした。

薪割り機問題なし

ぼくはあまり、いやほとんど薪割りはしません。
何しろ薪関係の係ではないので、余計なことに口や手出すと・・・

薪ストーブ 2020年初冬

くもり

昼間も10度以下でした。

2020年の11月最終日、ついにこの日がやってきました。
なかなか冷え込みがなかった鹿児島にも寒気到来です。
日中は曇り空気温が上がらず、ハウスも谷が開くこともなく、
外仕事をしていると、いやぁ〜今日は寒いね!って自然と声がでました。

久しぶりに火が入りました。

夕方は早めにあがり、薪ストーブ焚き付けの用意をしました。
家人と薪ストーブの前に座り、炉ないに御神酒をあげて、
この冬も暖かい温もりをください!そして火の神様に安全をお願いしました。

薪ストーブの楽しみのひとつが、焼き芋が簡単にできること、
家人は早速、サツマイモを新聞に包み水に濡らしてからアルミホイルで包み薪ストーブの隅にいれました。

左隅のアルミホイルに包まれたサツマイモ、わかります?

これで、明日からのぼくらと柴犬タローのおやつは焼き芋です。
もちろん、家庭菜園で作ったサツマイモ、しばらく前から吊るしてありました。

さっ、薪ストーブライフの始まりです。

薪神様

晴れ

今朝はまだ暖かいです。

薪は降りてくる

まだ寒くならない2020年晩秋、薪ストーブの出番はありません。
煙突の掃除は終わり、灰も出して、あとは薪を入れて火をつけるだけの状態です。

毎年どこからか誰かが声をかけてくれて、「薪になる木があるんだけどいらない?」
なので、真冬、家人の仕事、薪割りがあります。

そして今年、薪小屋にはそれなりに薪が積まれているのでしばらくは薪割りいいかもと思っていたら、薪神様が天から降りてきました。

今年からバッテリー式のチェンソーも使います。

薪神様の声が聞こえたら、手伝いにいくことがまず大事、
今はそれほど忙しく無いので午後伐採の手伝いに。
いや、最初は見学だけのつもりだったんだけど、ロープを引っ張ったり、梯子をつかまえていたら、いつも間にか、いち作業員になり、これしてあれしてとこき使われました。

なので堂々と薪をもらってもいいのです。

家人は台所の窓から見えるとこに置かれた堅木の丸太を見てほくそ笑むのでした。

今回は細いのだけ、次回は太めになります。うれしいけどたいへん!

誉めよう!

雨

強風に大雨でした。

やくやった。まだまだやれる。じぶん達を誉めよう!

ちょっと前、今年の収穫が始まる前に薪小屋3号を薪小屋4号の前に移動しました。

薪小屋4号は今後のメンテナンス、除草のことを考えてコンクリートを打ってその上に作りました。

薪小屋3号を作っている時です。

薪小屋3号は2013年、土の上に防草シートを敷いてから作業がしやすい単管パイプで家内と作りました。

薪小屋3号は右巣箱の前にありました。

3号と4号とは段差が50cmほどあり、3号をどうやって4号のあるコンクリートの上に載せるか検討しました。
まず屋根をばらして骨組みのパイプを解体する。
そして、4号の前で組立直す。
でもなぁ〜、これはめんどうだなぁ〜。

なんとかばらさないで、移動できないか考えました。

このキャスターを2個取り付けて土の上は移動する方向に板を敷いてやりました。

大きなキャスターを付けて転がしながら出来ないか!
検討しました。キャスターを単管パイプにとりつけるのは、溶接してできそうだ。後はジャッキを使ってなんとかならないか!

肝心の段差50cmを越えるとこの写真がありません。
写真撮るどころじゃなかったんですね!

家内に手伝ってもらい、あ〜でもないこ〜でもない、まずはこちらからと、二人でアイデア出しながらやったのです。

そしてなんとか移動できた後思ったのが、よくやったなぁ〜!
まだまだできるじゃないか!

これはじぶん達を誉めてもいいんじゃないか!

Olderposts

Copyright © 2021 毎日のんびーブログ

Up ↑