毎日のんびーブログ


斜めな蜂飼いがちょっと面白いことを毎日

Category: 薪ストーブ (page 3 of 37)

寒い日の強い味方、薪ストーブ

晴れ

午後から気温が上がりました。

堅木は炎もきれいです。

鹿児島も寒い日が続いています。
活躍とは言わないのかもしれないけど、薪ストーブがフル稼働しています。

この前まで楠を燃やしていました。
楠って薪には適さないようです。薪割りしてから結構経っているので、十分乾燥していて火付きは非常にいいです。
でも、あっという間に燃え尽きます。
樫木なら朝になっても熾きが残っていますが、楠はふわふわしたきれいな灰が残っているだけです。
楠は樟脳として役にたつようですが、薪にはちょっとね!です。

薪は燃えていません。2次燃焼です。

そしていま樫木を燃やしています。
保ちがいいです。楠のような感覚でストーブ内にたくさん入れて一気に燃やすものならたいへんです。
一度やりました。
炉内で薪が崩れたのでなおそうと横ドアを開けたら、
ボッってバックドラフト? 炎が飛び出てきました。
いやぁ~びっくり、危ないでした。
これは怖いな!って思いました。
慣れは怖いです。気をつけねば!

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。
薪ストーブ、薪が命、薪集めをたのしめる人ならお勧めです。

冷えた朝は薪ストーブの出番

晴れ

昼は暖かい

薪ストーブの炎は目で見て肌で感じる。

今朝は冷えました。
いつものことで、朝4時に起床、外気温は2度でした。
それから一時間後外気温は0度になっていました。
もちろん、ぼくの仕事はまず薪ストーブを焚くことです。
これがぼくの日課でたのしみです。
これは家内にはさせません。そのために早起きしているようなもんですから。

薪ストーブで暖められた空気の中にいると、心地よいです。
そしてよく眠れます。

科学的根拠があるんでしょうね!ないのかな?
温泉で暖まると、体の芯からあったまったなぁ~って言います。

これが、単に気持ちの問題です。
なんて言われた日には、薪ストーブは薪調達がたいへんだし、煙突掃除から、メンテ考えたら勧められません。
てなことになってしまいます。

そんな薪ストーブの出番が本格的になってきました。
ぼくにとってはうれしい悲鳴です。
ただ、ハウス農家のこと考えると、あまり大きな悲鳴はあげられません。

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。
朝は冷えたけど、昼間は快晴の風なし、ハウス仕事しながらハンマーモアの分解を始めました。

新しいハンマーモアのカバーはステンレスでした。

Olderposts Newerposts

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑