毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

キンリョウヘンの花芽

晴れ

風がおさまり、良い天気

我が家のキンリョウヘンは、今作業場の休憩室においてあります。
ここなら明け方マイナスになることもないので、もうしばらくここに置いて、いざ温度を上げるとなったら、暖房しているビニールハウスへ移動するつもりです。

昨年購入したミスマフェット、鉢が大きく感じます。

昨年購入したミスマフェット、鉢が大きく感じます。

ビニールハウス、昼間はちょっと温度が上がり過ぎるかもしれませんが、夜は最低気温14℃なので大丈夫だということにしておきます。

まだ試したわけではないので、どんな咲きかたをするのか、ビニールハウスに移動してどれくらいで満開になるのか楽しみです。

ところで現状はというと、小ぶりのミスマフェットに花芽らしきものが2個ありました。
いや~、うれしいなぁ~
花芽が出てきて、こんなにうれしいのは人生初めてじゃないかな・・・

花芽、こちらは確認していました。

花芽、こちらは確認していました。

こちらの花芽今日発見!たぶん花芽だと思っています。

こちらの花芽今日発見!たぶん花芽だと思っています。

花は職業で作っているけどこんなには感動しません。
うれしくなったりとか感動することって、仕事より趣味のほうが多い気がします。

そうすると、仕事より趣味に重点をおいて生活している人のほうが、おもしろく楽しいってことになるのかな!

Categories: キンリョウヘン

平成26年度版 巣箱 » « 母株ハウス、マルチ除去

4 Comments

  1. 今年はうちも花芽がむくむく出ています。
    今まで大株になってきてやっと着くのが大方でしたが、去年の四国のオフ会で淡路島のクマさんに頂いたちび鉢になんと2個も花芽が!!
    小さくても花芽、ってなにか秘密の育て方あるのでしょうかね~。
    こんど会ったら指が緑色していないか、こっそり見てみよう・・・て、そんなことより秘策を聞き出さねば。
    ・・・今することは開花調整、凍える家では危うし。

    ご当地はこちらより半月は早いシーズンですから、そろそろ加温なんでしょうかね。霧島さんや青蜂さん情報はいかがですか?

    • まだまだぼくのキンリョウヘンの花芽は少ないですが、でも小さな株に花芽らしきものを発見するとうれしいです。
      蜂飼いの皆さんのブログって結構あって四国の蜂飼いさんって強者がいらっしゃるんですねぇ!すごい。
      ぼくは昨年、青蜂さん霧島さん渡蜂さんに手伝ってもらって巣箱設置にいったのが2月11日でした。今巣箱設置の話が掲示板に載っていますが、焦ります。
      キンリョウヘンの加温そろそろ話題になると思います。
      それにあわせることにします。

  2. 一度に温度が上がり過ぎると蕾が落ちることがあります。
    それと、水不足になるのもヤバイです。
    今の時期は、5~15度くらいで管理した方がいいのではないかと(^O^)/
    暖房の効いた室内は不自然なので、返って管理が難しいです(-。-)/

    • 昨日のしのさんのブログに夜温7〜8度と書いてあったので、ぼくのキク用ハウスでは温度高いなぁ〜って思いました。まして昼間は30度近くで管理しているのでちょっとむちゃくちゃかなと・・・
      適当な場所がありません。もう少しキンリョウヘンが増えたら専用の開花部屋をどこかに作っても・・・って趣味はいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑