毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

キンリョウヘンの水遣り

晴れ

良い天気、夕方は空気が冷たい

我が家のキンリョウヘンは今スプレーキクハウスに入れてあります。
暖房機の温度設定は14度になっていますが、キンリョウヘン横の温度計は12度、
まっ、こんなもんでしょう。
花芽はどうやらスイッチが入ったようです。
少しずつですが、成長しています。

ぼくは花芽と期待していたけど、いや願望していたけど、成長してきたら、
残念ながら葉芽でした。ってのがあります。
しかたないよって言われると、そうですけどね・・・。
ただ手持ちが10鉢しかないわけですから、落胆は大きいですよ。

1kgを超えるのはこの秤で1kg内はデジタル秤で測定。

1kgを超えるのはこの秤で1kg内はデジタル秤で測定。

天気も良いので今日は測定をしてみました。
灌水で鉢の重量はどう変わるのかです。

午前9時に灌水して、灌水前、灌水後一時間経ってから、
夕方ハウスに入れる前と三回測定してみました。
結果は灌水前と夕方の重量差です。

全部はしませんでした。めんどうですから・・・

灌水後の水分量測定

灌水後の水分量測定

結果は写真左から
①120g 5号 素焼き ラン用土
②  30g プラスチック ボラ土
③  45g プラスチック ラン用土
④  57g 4号 素焼き ラン用土
⑤  62g 4号 素焼き ラン用土
⑥  39g プラスチック ラン用土

ざっとまとめると、
素焼きは鉢が水を含んでいるので重いです。
ボラ土と、ラン用土では、ラン用土に含まれる他のものに水分が含まれるため重いようです。

灌水の正確を期するなら、プラ鉢ボラ土を一番に灌水、次にプラ鉢ラン用土、
最後に素焼きになるようですね。
何日灌水の間隔を空けるかは、う~ん?、また調べてみます。

Categories: キンリョウヘン

柴犬タローの利き足 » « 採穂、スプレーキク

4 Comments

  1. いい、いいですねえ。似たようなことを私もやってます(^O^)
    葉芽だったら、それはそれで喜びます。株が増えますから(^O^)
    私は95歳まで生きると仮定して(病気の関係で5歳短く設定しました)いるので、あまり目先のことは追いません(^O^)

    気温が上昇して花芽が動くようになると、急に乾きが早くなります。
    そんなことは当たり前なのでしょう、人間も含めて、生き物はすべて同じなのでしょうから(^^ゞ

    • non-bee8

      2014年2月21日 — 10:08 PM

      はい、しのさんのブログ参考にしてやっています。
      鉢数もそうですが、ぼくのキンリョウヘンはボリュームがないので葉を増やして”りっぱだねぇー”と言われるようにしたいです。

      キンリョウヘンは日中もビニールハウスなので乾燥には気をつけたいと思います。

  2. キンリョウヘンの株と比較して鉢が大きいと思います。
    花芽を付けるには小さめの鉢で根がぎっしりとなるようにすると良いようです。

    • non-bee8

      2014年2月22日 — 10:36 PM

      五六蜂さん、コメント有難うございます。
      よく理解しないで鉢を選んでしまいました。
      また植え替えるのもどうかなって思うので、今は葉を増やして2年後3年後を期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑