毎日のんびーブログ


斜めな蜂飼いがちょっと面白いことを毎日

ハウスのキンリョウヘン

晴れ

晴れ時々曇り

新しい蜂場予定地に咲いていました。

風が冷たいです。2月上旬の気温だって!
まったくもって、天気ぐらい俺に(わたしに)味方してくれよ!って思った人、
はい、ぼくとハイタッチ!

さて、戯言はここまで、ぼくはハイタッチはブログでしかしないし、実はまじめな蜂飼いなんです。

まぁ、なんて早いことって思いました。

スプレーキクの母株ハウス、夜は加温されて最低14度、昼間は26度以上になると自動開閉装置が作動する、そこに置かれたキンリョウヘン、
もう目覚めてはいましたが、第一輪がこんなに早く開花するとは、
日本キンリョウヘン生産組合(そんなのがあればですが)の開花情報では九州南部で三月下旬のはずが、我が家ではもう咲いてしまいました。

今年仲間になった、樋口一葉です。

このキンリョウヘン、別名樋口一葉とも言うんですが、なにが違うのか、管理かそれとも、もともとの素性がいいのか、まったくわかりませんが、ぼくのキンリョウヘンと、こうも違うとキンリョウヘンの育て方、とっても奥が深いって思います。

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。
寒くていいのは薪ストーブの出番があることぐらいです。

Categories: 日本みつばち

○○ぐらんご » « 月曜日の雨は・・・

2 Comments

  1. これは、宮崎県北のシンビジュウム農家が、栽培しているようですよ。

    • のんびー

      2017年3月8日 — 5:18 AM

      昨年から町のホームセンターに大量に出回っていましたが、
      宮崎県北のシンビジュウム農家さんなんですね!
      一度見学か、研修を受けてみたい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑