毎日のんびーブログ


斜めな蜂飼いがちょっと面白いことを毎日

Category: 巣箱、継箱 (page 2 of 14)

分蜂はなくても巣箱作り

晴れ

空気が爽やかで気持ちよい天気

今月はみつばちのこと書かなかったなぁ~って思います。
昨年の4月の日記を見ると、分蜂した、また分蜂した、今日は木に蜂球ができた、なんてたくさん出てきます。
今年のような年もあるんだなぁって、斜めな蜂飼いは空を見上げて自然ってわからないもんだと思います。

さて、こんな時は巣箱のバージョンアップです。
今までのぼくの巣箱の点検口は巣門の反対側、後ろを開いてカメラを入れ写真を撮っていました。

まずはジグソーでくり貫いて、

金網つけてと、

横が開くようにして、

冬はくり貫いた板をはめます。

今我が家にある巣箱のひとつが、壁にくっつけるように置いてあり、後ろをあけられません。
なので、点検口を横に作りました。
夏にも対応できるように金網もつけました。
金網サイズは少しせまくなったけど、軒先の下になるので、なんとか夏も乗り切れるでしょう!

内検、良い感じです。

これで点検がすぐにできます。

巣門台交換、ついでに継箱もしました。
このまま順調に大きくなってくれれば秋の採蜜ができるんじゃないかな・・・。

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。
今年は今年、来年の4月に期待します。

雨の3月8日に蜂飼いがすること

雨

時々強い雨

今日は雨、天気予報では午前中にはあがるってなっていたけど、夕方まで雨でした。
ハウス仕事は定植準備があるけど、明日天気良さそうなので無理してやりません。

今年は平行2本の巣落ち防止棒でいきます。

まっ、今日は3月8日みつばちの日、ぼくは蜂飼いで今年もたくさんの入居を期待しているので、待ち箱の準備をしました。
まずはビス止め、巣門台、継箱、スノコ、屋根、補強板で止めるだけだけど、けっこう時間かかかるもんです。

屋根の予備4個、これはハイブリッド待ち箱用です。

そして、屋根が足りなかったので、急遽作りました。
今年はスノコと屋根を作りました。
一昨年は継箱、昨年は巣門台、今年は、スノコと屋根、これで余裕が出てくるはず!

鍋で溶かして、

少しもれたけど、

うまく出来ました。

最後に、蜜蝋棒を作りました。
作業場で蜜蝋をつける時は、形が丸くても大きくてもいいけど、現場では棒状がいいです。
今までは竹を使っていたけど、今回はラップの芯を使ってみました。
これいいですね!うまくできました。
簡単にやぶること出来たし、なかなか良いです。
家内にこれ良いから、もうないの?って聞いたら、
「ない!」って言われました。今まで必要か聞かれたとき、いらないって答えていたので、とってないそうです。

そんなもんですよね!ほしい時はないもんです。

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。
そうそう、新燃岳が噴火していますが、大隅半島までは灰は来ていません。噴煙が見えるだけです。

Olderposts Newerposts

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑