毎日のんびーブログ


斜めな蜂飼いがちょっと面白いことを毎日

のんびー式継箱リフトの部品

くもり

過ごしやすい曇りの一日でした。

のんびー式継箱リフトの詳細を知りたいとのコメントをもらっていたので、
使っている部品等の紹介です。

ネットですぐに見つかると思います。

ネットですぐに見つかると思います。

アルミフレームはミスミのアルミフレーム(30mm)を使っています。
固定用部品などは、ネットのミスミアルミフレームか、モノタローで検索すれば紹介されています。
(ぼくが説明するよりわかりやすいと思います。)

ピローユニット

ピローユニット

軸になって回転する部品は、
NTN-ASPP201 鋼鉄製ピロー形ユニット こちらは伝動機ドットコム DIY・日曜大工店で購入できます。

シャフトホルダー

シャフトホルダー

片方の受け(シャフトホルダー)は、
三好パイジョンのPG600を使っています。
シャフトはΦ12×45です、

アルミフレームの長さはこれがベストはないので、巣箱の大きさで決めたら良いと思います。
(以前のブログを見て下さい。)
ぼくの継箱の高さが15cm 幅29cm です。写真からだいだいの長さをわりだしてみたらどうでしょう。
軸の位置はこのアルミフレームを使う最大の利点といっても過言ではありません。
自由に位置の調整が出来ます。

他には継箱の取っ手にあてる部品などは手作りですが、
ホームセンターで似たような物が手に入ると思います。

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。

今日は山田案山子さんからのコメントの回答でした。
参考にしてください。
ところで山田案山子さんはどこで日本みつばちを飼っているんでしょう?

Categories: 日本みつばち

キンリョウヘン » « 薪ストーブの掃除

4 Comments

  1. リフトの部品の詳細理解できました。
    今日までKs電気近くのサングリーン鹿屋店・大崎店で4,980円(通常5,400円)でキンリョウヘンが販売されています。昨日仕事帰りに寄って1鉢(花10本立ち)購入しました。まだ15鉢はありつぼみ15cm伸びているのもありました宮崎産だそうです。

    • のんびー

      2016年3月17日 — 8:06 PM

      そうですか、サングリーンにもありましたか、
      ぼくはキタヤマで見ました。知人もキタヤマで見たそうですが、こちらは鹿児島市内のキタヤマだそうです。
      宮崎産、たくさん出回っているようです。
      ぼくもひとつゲット、詳細は今日のブログを読んでください。

  2. 巣箱リフトについて、部品の品番まで詳しく説明していただいて、誠にありがとうございます。かなりの加重がかかるはずの軸受に、どんなものが使用されているのか、非常に興味津々でした。「うーんなるほど」脱帽です。
    さて、のんびーさんの質問にお答えします。山田案山子は愛知県知多半島の住人です。今年の気象協会発の桜の開花予報では、今のところ東京と並んで2月20日です。ちなみに、驚くなかれ3月15日に飼育群が初分蜂しました。例年より1ケ月近く早く、相棒から写真が送付されるとほっぺたをつねったほどです。ショウサイはブログをご覧ください。のんびーさんのブログのように洗練されていないので、こっぱずかしいですが。
    ちなみに、鹿児島市の出水市と福岡県に友人がいます。毎年九州を福岡の友人の案内で旅行しています。
    昨年、鹿児島の錦江湾から桜島へ渡った時、自衛隊の潜水艦が浮上していて驚きました。その後しばらくして桜島が大爆発しました。

    • のんびー

      2016年3月17日 — 8:59 PM

      のんびー式継箱リフトの設計者は、かなりの実力者だと思います。早く相談すればと思ったぐらいです。
      >山田案山子は愛知県知多半島の住人です。
      そうですか、愛知県の方でしたか、
      ぼくの生業はスプレー菊作り、愛知県は同じ生産者がたくさんいるところですね。 鹿児島にも来られるんですね。最近桜島はおとなしいので、ちょっとうれしいです。 ブログ見ました。
      8ブンブンさんなんですね。(ハンドルネームがふたつ?)
      時々ですが、おじゃましていました。
      図面や表がきれいで、うまくまとまっていて、 さて、同じような表をぼくのブログに載せるとしたらどうしたもんかと、考えたことがあります。
      ぼくのブログ、大したこと書いてないですが、時々のぞいてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑