毎日のんびーブログ


斜めな蜂飼いがちょっと面白いことを毎日

ハンマーナイフモアの穴

晴れ

晴れたけど、まだ空気が冷たい。

穴あきモア

顔にもかかるぐらい飛び出してきます。

ハンマーナイフモアの上部カバーに穴があきました。
これはしかたないです。長年使ってきたらこんなふうになります。
ただ、こうなるのは分かっているから、もっと丈夫にするとか、内側にゴムをつけて、それを取り替えられるようにするとか。
まぁー、ハンマーナイフモア自体そんなに需要がないのでしょう!

で、取り替えたらいくらかかるか?
聞いてみました。カバー代 5万円也です。
う~ん、高い、まだ注文はできない!
取り替え費用までいれて6万円、無理、無理、絶対無理!

限界かもしれません。

刃だけは新品です。

でも、作業場の前の畑のペンペン草が伸びてみぐるしくなってきたので使いたい。
モアの刃も交換時期だったので、まずは刃を交換、
ナットの山もなくなりかけているので、これは高いものではないので交換します。

板をのっけただけ。

板裏はこんな状態。

そして、応急処置、カバーの穴から砕いた草が飛び出てくるので、とりあえず蓋すればなんとかなるんではと。
みつばち巣箱に使った残りの板を細引きロープで片側だけ固定しました。
ハハァ、成功、成功、家内がペンペン草やっつけてくれたけどクレームがなかったので、成功でした。

今日も、 ” 毎日のんびーブログ ” に来てくれてありがとうございます。
天気がよかったので、ハウス仕事目一杯しました。

きれいになりました。

Categories: 日常

柴犬タロー、初めてのレントゲン » « お土産には、

2 Comments

  1. 初めまして。蜂飼い2年目の初心者です。と言っても、昨年夏に2群逃去されましてただ今新規入居者募集中です。父が亡くなり田畑、山、その他諸々引き継いだのですが米を作らなくなった田んぼに草が茂って困っています。父が未だ元気だった頃に全ての田んぼの周りに柵を建てました。その柵は14年管理しなくてはならないらしく耕作していない田んぼの草刈りに苦労しています。ハンマーナイフモアと言う草刈り機があるのはネットでは知っていましたが、かなりの値段がするので手が出ませんでした。この機械、やはり便利ですか?ちなみに、田んぼの草は1メートル位に伸びています。

    • のんびー

      2017年3月30日 — 7:24 PM

      山本さんコメントありがとうございます。

      ハンマーナイフモア、ぼくが持っているのがHR662、管理だけで使うとなると、ちょっと高いと思われるのも理解できます。
      ぼくの場合はハウスで使い圃場周りで使い果樹園で使うので、
      良い農機具買ったなぁーと思っています。
      草を細かく砕くのでそこに草があったとは思えないぐらいきれいになります。
      (ぼくはそう思います。)

      田んぼの草1メートル、まったく問題ないと思います。
      ぼくは今日ハウスの緑肥草丈1メートルにハンマーナイフモアをかけましたが、速度を最低に設定したので時間はかかりましたが、これを仮払い機ですることを考えるとぞっとします。

      もし、トラクターがあるならフレールモアって選択肢もあります。構造は同じでロータリーの代わりに取り付けます。
      こちらはHR662と価格同等で刈り幅が倍になるので、効率は良いと思います。
      ただ欠点として、先にトラクターのタイヤが草を踏みつけるので、踏みつけられた後にかけたフレールモアの効果がどんなもんか、
      実際使ったことないのでわかりません。

      ともあれ、ハンマーナイフモア、ブログでもどこかに書きましたが、
      今まで買った農機具で一番!って買った当時思っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑