毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

喜界島のフスー

くもり晴れ

肌寒い一日でした。

フスー

フスーって知ってます?

もちろんぼくは知りませんでした。
フスーって喜界島の方言でヘソの意味だそうです。
ネットで調べました。
ひとことで言えば喜界島のみかんです。

そのフスー、今日喜界島から届きました。
色はレモンに近いです。
ヘタのところがヘソ見たいなので、ヘソを喜界島の方言でフスー、確かにヘソにも似ているしデコポンにも似た感じを受けます。

左の写真、ヘソ!

ですぐに食べてみました。
かなり酸っぱいかなと思っていましたが、そうでもない、一房食べたら「ワォ〜」ってなるかなとちょっと期待もしましたが、そうはなりませんでした。逆に甘みもあっておいしいです。ちょうど良い酸味となんといってもジューシーです。
このジューシーさは疲れた時なんかに、最適な気がします。

そしてこのフスーの皮をつかってマーマレードを作るんですって!
フスーといっしょにマーマレードも届いたのでこちらも食べてみました。
おいしい!です。フスーの皮の味かな?ぼくが知っているマーマレードとちょっと違う気がします。
パンはもちろんヨーグルトにも合いそうです。

こんなのが、庭にいっぱいなったらいいなぁ〜って思います。

我が家はどうもみかん系はダメでいろいろ植えたけど、残っているのがキンカンだけです。

Categories: 日常

展開図 » « ふたみうどん研究所

2 Comments

  1. のんびーさん
    フスーって、初めて聞く果物です。
    ユズやポンカンのようなものでしょうか?
    これだけ流通が発達した日本でも、たぶん、一生食べる機会は無いでしょう。

    喜界島という名は聞いた事はありますが、少し不思議な名前に思えます。
    喜界島の方に失礼でしたね。
    ごめんなさい。
    なんだか、ゲゲゲの鬼太郎を思い出しました。ペコリ

    • のんびー

      2020年1月16日 18時16分 — 6:16 PM

      ほんとカピバラさん、知らないことって多いです。
      柚子やポンカンに近いです。
      とてもジューシーで素朴な味です。
      喜界島って漢字がいいなぁ〜っていつも思います。
      いつか行ってみたい島です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Copyright © 2021 毎日のんびーブログ

Up ↑