毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

Category: 巣箱、継箱 (page 1 of 15)

ハチミツ精製しながら継箱を考える

くもり

台風の影響もあるんでしょうか、

採蜜、蓋を外しました。
ぼくはすのこ方式です。

すのこ裏にある蜜ももったいないのですが、

継箱を考える

継箱の大きさは人それぞれです。
ぼくの継箱は内径 25cm x 25cm x 15cm(高さ) です。
それを今年は上段だけ、高さを 12cm にしました。
高さを 3cm 低くした理由は、
今年の入居群すべてを採蜜しようと考えたからです。

で、今採蜜を続けていますが、中には以前の高さ 15cm でもよかったかな!って思う蜂群があります。

そこでです。
上段は 12cm で良いとして、その下は 2cm 刻みの継箱が出来ないかです。
まず、採蜜の時巣箱重量を計ります。
ここは勘で良しとして、「よいしょ」と持ち上げてみます。
重いと感じたら、上段12cmと一段(2cm) つまり天板から14cm、
もっと重いなら、上段12cmと二段(4cm) つまり天板から16cm、
もっともっと重いなら天板から 18cm、
あまり長くなるのも困るので、ふたつに分けて、上段 12cm と、
10cm(つまり5段)に分けたらどうかな!って今考えています。

巣落ち棒はどうするんだと突っ込まれたら、ほどよいとこの 2cm 枠に入れればいいんじゃないかと・・・・。

まぁ〜、作ることはないと思いますが、
こんなのあったらおもしろいなぁ〜ってハチミツの精製しながら考えました。

スズメバチ対策

くもり

求めるのは爽やかな秋

9mm の防風ネットです。

以前ほど目を掛けなくなった日本みつばちですが、
「大丈夫、ちゃんと仕事しているから!」って感じで巣門から勢いよく飛び出して花粉をつけて帰ってきています。

昨年は九月の彼岸に大スズメバチに集団攻撃を受けて、一番の元気群を消滅さしてしまいました。
「同じ轍は二度と踏まない!」

今年は対策をしました。
9mmネットで覆いました。
2m x 3m ネットをすっぽりと巣箱にかけました。

ネットをかけてしばらくはとまどっていたミツバチ達もなんとか慣れてくれたみたいです。

アカバチはときどき来ていてネット周りを飛び回っています。
幸いまだ、大スズメバチは見て(来て)いません。

そうそう、知り合いの蜂飼いさんが、今年は大スズメバチが少ないって言っていました。
雨が多かったのでその影響かな?
まっ、このまま大スズメバチは来てくれなくてもいいんですが!

点検に行ったら、キイロスズメバチをやっつけていました。

Olderposts

Copyright © 2019 毎日のんびーブログ

Up ↑