毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

Category: キンリョウヘン (page 2 of 5)

キンリョウヘン重量測定 その後

晴れ

昼間は春です。

キンリョウヘンの重量測定その後です。
6鉢を夕方測定
灌水翌日からの天気と増減値です。

[table id=1/]

あくまでも素人の測定ですから・・・。
晴れの日は減少しています。
興味深かったのが、雨の日に重量が増えていた鉢があったこと、
重量の変化がない鉢もありました。
1kgを越える鉢(素焼き5号、プラ鉢ボラ)はデジタル秤で計測していないので精度が落ちます。

培養土による重量変化もあると思いますので、
プラ鉢(ボラ)以外は下の写真の成分養土を使用しています。

養土成分

養土成分

明日から天気が”曇りのち雨”になるらしいので、もう少し計測してみます。
さて雨でどう変化するか楽しみです。

キンリョウヘンの水遣り

晴れ

良い天気、夕方は空気が冷たい

我が家のキンリョウヘンは今スプレーキクハウスに入れてあります。
暖房機の温度設定は14度になっていますが、キンリョウヘン横の温度計は12度、
まっ、こんなもんでしょう。
花芽はどうやらスイッチが入ったようです。
少しずつですが、成長しています。

ぼくは花芽と期待していたけど、いや願望していたけど、成長してきたら、
残念ながら葉芽でした。ってのがあります。
しかたないよって言われると、そうですけどね・・・。
ただ手持ちが10鉢しかないわけですから、落胆は大きいですよ。

1kgを超えるのはこの秤で1kg内はデジタル秤で測定。

1kgを超えるのはこの秤で1kg内はデジタル秤で測定。

天気も良いので今日は測定をしてみました。
灌水で鉢の重量はどう変わるのかです。

午前9時に灌水して、灌水前、灌水後一時間経ってから、
夕方ハウスに入れる前と三回測定してみました。
結果は灌水前と夕方の重量差です。

全部はしませんでした。めんどうですから・・・

灌水後の水分量測定

灌水後の水分量測定

結果は写真左から
①120g 5号 素焼き ラン用土
②  30g プラスチック ボラ土
③  45g プラスチック ラン用土
④  57g 4号 素焼き ラン用土
⑤  62g 4号 素焼き ラン用土
⑥  39g プラスチック ラン用土

ざっとまとめると、
素焼きは鉢が水を含んでいるので重いです。
ボラ土と、ラン用土では、ラン用土に含まれる他のものに水分が含まれるため重いようです。

灌水の正確を期するなら、プラ鉢ボラ土を一番に灌水、次にプラ鉢ラン用土、
最後に素焼きになるようですね。
何日灌水の間隔を空けるかは、う~ん?、また調べてみます。

キンリョウヘンの花芽

晴れ

風がおさまり、良い天気

我が家のキンリョウヘンは、今作業場の休憩室においてあります。
ここなら明け方マイナスになることもないので、もうしばらくここに置いて、いざ温度を上げるとなったら、暖房しているビニールハウスへ移動するつもりです。

昨年購入したミスマフェット、鉢が大きく感じます。

昨年購入したミスマフェット、鉢が大きく感じます。

ビニールハウス、昼間はちょっと温度が上がり過ぎるかもしれませんが、夜は最低気温14℃なので大丈夫だということにしておきます。

まだ試したわけではないので、どんな咲きかたをするのか、ビニールハウスに移動してどれくらいで満開になるのか楽しみです。

ところで現状はというと、小ぶりのミスマフェットに花芽らしきものが2個ありました。
いや~、うれしいなぁ~
花芽が出てきて、こんなにうれしいのは人生初めてじゃないかな・・・

花芽、こちらは確認していました。

花芽、こちらは確認していました。

こちらの花芽今日発見!たぶん花芽だと思っています。

こちらの花芽今日発見!たぶん花芽だと思っています。

花は職業で作っているけどこんなには感動しません。
うれしくなったりとか感動することって、仕事より趣味のほうが多い気がします。

そうすると、仕事より趣味に重点をおいて生活している人のほうが、おもしろく楽しいってことになるのかな!

キンリョウヘン移動

晴れ

晴れ時々曇り

キンリョウヘンの場所を少し移動しました。
家から作業場へ。

キンリョウヘン移動しました。

キンリョウヘン移動しました。

我が家には広い軒下がないので、作業場へ。
ただ作業場も屋根が突き出た作りではないので、夕方は作業場の中に移動することにします。
キンリョウヘン、数が二桁ないですから、移動も楽。

設置台が、ひら板に丸い穴を開けてあり、そこにキンリョウヘンを入れ込むだけなので、移動も簡単です。
一度に7個移動です。

夜は避難します。

夜は避難します。

鹿児島といえど、ぼくの住む田舎はけっこう冷え込みます。
昨年は、キンリョウヘンを一時部屋に入れたためか花も中途半端に咲きました。それも3月始めに、

はずかしいですが!

はずかしいですが!

さて、キンリョウヘンは2年目、先輩蜂飼いさんのブログを参考に4月始め開花を目指します。

キンリョウヘンの葉芽

くもり

曇り、時々小雨、寒い一日

どうやら、花芽ではなかったようです。
ミスマフェット、今年インターネットで買った一番生育の良い鉢だったんですが・・・
残念! まっ、そんなに甘くはないですね!

葉芽でした。

葉芽でした。

秋の葉芽は大きくならないとか?
よくわからないので、自然にまかせてだめなら、
”そうか~、やっぱり秋の葉芽は育たないんだ!”と
ひとつ経験を積むことにしましょう!

ただ、希望はあります。
これは間違いなさそうです。
うまくいけば来年春には活躍してくれるかな?

花芽のような!

花芽のような!

ぼくの住む近辺の苗木屋さんでもキンリョウヘンは手に入ります。ただねぇ!高いんですよ。
インターネットより高いんです。

もしインターネットと同じぐらいの価格なら、ぼくは買います。
実物を見ているわけだし、よかったらまた買ってもいいので、悪い客にはならないと思うけど。

写真の苗木屋さんではないけど、そこには30鉢以上あったと思います。
値段4000円、花が咲いたら7000円で売るって言っていました。
ちょっとぼくには縁がないようです。

苗木屋にありました。

苗木屋にありました。

Olderposts Newerposts

Copyright © 2021 毎日のんびーブログ

Up ↑