毎日のんびーブログ


蜂飼いで罠師で溶接好きな のんびーのブログ

Category: 採蜜 (page 1 of 8)

は〜い!はちみつほしい人、手を上げてぇ〜!

雨くもり

午後は晴れ間もありました。

みんな聞こえた〜!
おいしいはちみつ採れたよ〜!

綺麗なんです。

この時期、のんびー村で採蜜することはめったにありません。
でも今年のみつばち達は元気があります。
勢いがあります。
人間社会はコロナ禍でたいへんですが、それをみつばち達が応援するかのようにはちみつ溜めています。
「さぁ〜、おいしいはちみつ食べてコロナに負けるな!」って言っているかのようです。

もちろん、かってなこじつけの思いこみですが、良いようにとらえたほうが良いですからね!

これをみつばちが集めてくるんですから、すごいとしか言いようがありません。

いろいろ息苦しい時もありますが、巣箱から飛び出し、花粉をたっぷりつけて帰ってくるみつばちを見ていると、自然の中で何かに逆らうことなく生きているようで、人間はミツバチのような小さな虫にも適わないなと思うのんびーでした。

忘れないうちに!

雨くもり

安定しない天気でした。

前回の採蜜は昨年秋でした。

ぼくなんかを頼りにしてくれる、牛農家さんが居て、
その人大規模農家さんなんですが、日本みつばちを飼っていて、
「蜂が巣箱からはみ出していて、ブンブン! ワイワイ!しているんだけど、継箱したほうがいいのかな?
時間のあるときに見てくれない?!」って連絡があり、
見にいったら、あふれんばかりで、いやもう巣箱から溢れていてすぐに継箱しました。
同時に「はちみつ、採れないかな?!」って言われ、
継箱した時の重さが秋の採蜜の時の重さとほぼ同じだったんで、
「たぶん大丈夫です。
天気をみてまたきます」ってお土産をたくさんもらって帰ってきました。

そして先日の日曜日、梅雨の合間の晴れ間、行ってきました。
採蜜作業自体はもう何回もしているので、そしてマイ採蜜道具も持って行ったので、
ちゃっ、ちゃっ、と進めたんですが、
途中、新たに継箱したにもかかわらず、ミツバチ達がいっぱい出てきたんです。
あれっ!なんで?と、もしかしてと巣板を見たら、
下にずれ落ちているではないですか!
よく巣箱みたら、巣落ち防止棒がはいってない、
ぼくがした継箱には必ず防止棒が入っているから、そのまえ、
大工さんに作ってもらったという巣箱はただの箱だったようです。

蜂にとっては大ごとなんでしょうね!

収まったのは暗くなりかけの日暮れだったそうです。

しかたないです。ハチミツは問題なく採れたので、
後は、女王蜂が無事でいることを祈って帰ってきました。

重たかったけど花粉もありました。

こんな採蜜作業をして、ちゃんと確認しないじぶんを未熟者めと思ったって話でした。

Olderposts

Copyright © 2020 毎日のんびーブログ

Up ↑